NEW POST

さよなら こがね食堂

f0191444_12523914.jpg
広島に住むアラフィフ、アラカンの方なら
一度くらいは行ったことのある、袋町の食堂。
「こがね食堂」
ここが、ついに今週閉店してしまう。

友人からも「こがね、閉めるんと!」と
メッセもらったり、インスタや
FBでもトピック見たりで知ったのは1-2ヶ月前。
なかなか行くことができず、先週末木曜日の晩に
ウォーキング兼ねて、やっといけた。
多いじゃろうなぁと思ってたら。。。まさかの
要予約な感じで。。。

もちろん予約などしてなかったので
想定どおり、待つことに。食堂とはいえ夜は
居酒屋風なので、飲んでる人も多くなかなか席が空かない。

外で待つ私達に妹さんや、スタッフさんが
何度も何度も申し訳なさそうに、様子みては
「ごめんなさいねー」と気を使ってくれる。

どこぞの「予約しないから仕方ないよねー」な扱いの
お店とは対極。それは、何度も、何度も。
待つこと30分、やっと席につけた。
六人がけのテーブルなので、後から来て待ってた
一人の男の人との相席もOKした。
お互いさまじゃもんね。

とはいえ・・・お惣菜はほぼ売り切れ。
なのでまずはビールと、色の濃いおでんで一杯
f0191444_12525186.jpg
あぁ、瓶ビールおいしい。おでんももう
厚揚げと、筋(最後の1本)卵のみ。
仕方ない、仕方ない。 

前に一度書いたけど
この食堂には青春時代の思い出がどっさり
詰まってる。 この前IGでわたしが「お兄ちゃん」と読んでる
大将、今は「お父さん」と呼ばれてるらしく
「お父さんにもお兄ちゃんな時があったんですね」と
コメントいただいた。そう、昔は過去ログに書いてあるけど
ハンサムな俳優さんみたいな「お父さん」がいて
今のお父さんは、「お兄ちゃん」だったんだ。

f0191444_12525589.jpg
年齢層は高い、ラスト一週間のこがね。
家族連れもいる、多分御世話になったんだろう。
みんな思い思いに飲んで別れを惜しんでいるようだ。

隣の席の男性は「焼きソバ」だけ頼んで
ビールも飲まず、しみじみ味わってた。

f0191444_12530784.jpg
そ、甘くてスパイシーなこの焼きソバ。
お好みの焼きソバとも、中華の焼きソバとも違う
食堂の焼きソバ。箸がとまらない。
塩と、ソースがあるけど、最後までソースを
貫いたww

それから、これ。
もう、お兄ちゃんがフライパン振るのが可哀想なほど
重い、オムライス。

f0191444_12530117.jpg
熱々を、無言で食べた。
あぁ、おいしい。 泣けてくるくらいおいしい。
その時代の私をまったく知らないくにおがつきあってくれて
しみじみ、お別れを告げました。

お兄ちゃんにも「あと一週間、頑張ってね!」とお別れを
(お兄ちゃん、まさかの連日の大盛況でだいぶヘロヘロ 笑)
できれば、お母さんがいるお昼間に再訪したいけど。

どうかなぁ・・・。

とりあえず、一旦〆て
さようなら、こがね食堂。
ありがとう。
(今週の金曜日がラストです。予約はマストかも)

広島の昭和の灯りがまた一つ消えます。
寂しいなぁ。

Commented by komugi426 at 2017-11-06 21:53
去年ここで
ロバのいろんな話聞いて~
鼻の奥つーーーんてなりながらオムライス食べたなぁ(笑)

味もだけど、
その時々で自分の背景とリンクしているお店、
感慨深いね。

Commented by kuniko36 at 2017-11-08 12:15
>うづ
アレ、去年だったんよね。なんか数年前かと
思って、過去ログ探すのに数年遡って
見つからず。 

味の記憶とともにヤングロバの記憶も
よみがえるんよね。そんなお店がひとつ、ひとつ消えてく
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kuniko36 | 2017-11-06 13:16 | 外ご飯 | Comments(2)

今日を大切に、明日を楽しみに 、過去を愛しんで。そそっかしい夫婦の日々の記録です。コメントしてやるととっても喜びます。


by kuniko36
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31